句会ライブ

株式会社夏井&カンパニー 句会ライブの提案(主催者様、依頼者様向け)

句会ライブとは

句会ライブはたくさんの人たちと一緒に楽しむための新しい句会の形です。
俳句なんて絶対作れないと信じている人でも、「取り合わせ」という技を一つ覚えれば、5分で一句作ることができます。
自分の俳句がその場で評価され、皆で議論してグランプリを決めるというゲームとしての面白さ、コミュニケーションの場としての句会の楽しさ、表現する喜び等々、様々な体験ができます。

対象者

小学生から大人まで、幅広い年代の方にお楽しみいただけます。
また、人数に合わせたプログラムを用意しております。
最少20名から1000名単位まで対応しております。
小学一年生から六年生まで、また三世代での交流等、幅広い年代で一度に参加して頂けます。
初心者から楽しんで頂ける内容ですので、事前指導は必要ありません。

句会ライブの意義

  • 俳句に親しむ(実作から批評まで)
  • 俳句を通じてコミュニケーションできる場(座)の楽しさを体験する。
  • 季語を知ることで、自然を見つめ直す目が養われ、季語を五感で体感するきっかけとなる。

特に(2)については、参加者の自由な解釈を元に議論を進めていきます。参加者それぞれの内側にある言葉や経験を元に、俳句を鑑賞していきます。 何もない状態で自分のことを語る事は難しいですが、俳句を媒介にすることにより、俳句を通じて自分の体験や内側にあるものを引きだし、生き生きと語れるようになります。

基本プログラム(90~120分程度の所要時間)

《概要》
(1)前半
俳句クイズを交えながら、作句方法「取り合わせ」の型をレクチャー。
5分で一句の作句に挑戦する
(2)後半
予選通過を5句~10句程度にしぼり、大型短冊に清書し、発表。
会場の議論、多数決により、当日のグランプリを決定。
《タイムスケジュール例(表1)》
【句会ライブの受付注意事項】

会場は1階席のみ使用を推奨します。人員を手配できるようであれば都度相談にて承りたいと思います。

会場側準備イメージ

所属タレント

句会ライブ進行役 候補 詳細
夏井いつき(なつい・いつき)

昭和32年生れ。松山市在住。8年間の中学校国語教諭の後、俳人へ転身。「第8回俳壇賞」受賞。俳句集団「いつき組」組長。創作活動に加え、俳句の授業〈句会ライブ〉、「俳句甲子園」の創設にも携わるなど幅広く活動中。TBS系「プレバト!!」俳句コーナー出演などテレビラジオでも活躍。松山市公式俳句サイト「俳句ポスト365」、朝日新聞愛媛俳壇、愛媛新聞日曜版小中学生俳句欄、各選者。2015年より初代俳都松山大使。句集「伊月集 龍」(朝日出版社)、「伊月集 梟(マルコボ.コム)」、「超辛口先生の赤ペン俳句教室」(朝日出版社)「100年俳句計画(そうえん社)」「365日季語手帖(マルコボ.コム)」、「絶滅寸前季語辞典(ちくま文庫)」など多数。

句会ライブ進行役 候補 詳細
家藤正人(いえふじ・まさと)

1986年1月20日生まれ。愛媛県出身。愛媛大学卒業後、本格的に俳句に携わる。夏井いつきの句会ライブにてアシスタント経験をつむ。自身も講師として、子育て応援空間Yumele俳句教室、愛媛新聞カルチャー「働く人と学生のための俳句」のクラスを持つ。老人養護施設や児童館などへの出張俳句教室を行う他、修学旅行生を対象とした句会ライブも行っている。2016年からは、南海放送ラジオ「夏井いつきの一句一遊」アシスタント、あいテレビ(TBS系列)「よるマチ!」俳句コーナーを担当するなど活躍の幅を広げている。また、大阪 帝塚山学院大学非常勤講師(前期)を2年務める。そのほか、松山市主催「俳都松山宣言」内「俳句対局」司会を担当。松山市公式俳句投稿サイト「俳句ポスト365」水曜日執筆担当。

過去の事例

【実施報告】2019年6月12日愛媛県宇和島市天神小学校

2019年4月13日 愛媛県今治市さいさいきて屋【家藤正人】