株式会社 夏井&カンパニー

句鑑賞とは

俳人 夏井いつきの俳句を様々な方の鑑賞で楽しむページ。発表句を中心に随時、サイトアップしてゆく予定です。

  • 抱きたるチェロのかたちの朧かな 夏井いつき

    季語
    季節
    分類
    天文
    鑑賞

    朧夜の居間にチェロを抱いて座って奏でる人。その目鼻も輪郭も定かでなく、音もまた朧である。
    チェロと一体となって響き揺れる姿そのものが朧なのだ。

  • つながれぬ手は垂れ末黒野の太陽 夏井いつき

    季語
    末黒野
    季節
    分類
    地理
    鑑賞

    焦げた枯草の匂いと太陽が黒く照らす大地。
    我々は原初の人間に戻ったように焼き尽くされた末黒野の果てに、言葉もなく手を垂らし立ち尽くす。

1 / 11