株式会社 夏井&カンパニー

黒北風じゃ蒙古が来るぞ子を盗るぞ  太郎

季語
黒北風
季節
仲春
分類
天文
鑑賞

 まずは、「黒北風」が吹いてきそうな西高東低の気圧配置だぞ、凶暴な風がくるぞと脅し、さらに「蒙古が来るぞ」「子を盗るぞ」と畳み掛ける三段切れが見事に成功しました。俳句において三段切れはタブーとされていますが、考え方を変えればこれも一つの技法。うまく使いこなすと、武器になるテクニックの一つです。
 「(蒙古襲来の度に吹いた神風)黒北風」が吹く=「黒北風」が吹くと「蒙古」が来る、という逆説的発想。大事な我が「子」を盗られるかもしれないぞと訴える調べが危機感を煽ります。民族の記憶としてインプットされている感情が、季語「黒北風」を表現する要素として巧みに使われていることに感心させられた一句でした。
  
(鑑賞:夏井いつき)
(出典:ラジオ番組『夏井いつきの一句一遊』2015年3月6日放送分)