株式会社 夏井&カンパニー

葛の風はや月山を駆け上る  あんみつゆか姫

季語
季節
三秋
分類
植物
鑑賞

 「葛」は秋の季語。秋の七草の一つに数えられ、その根は食材(葛粉)や漢方薬として重用される植物です。
 上五「葛の風」は、葛の原を駆け抜ける風を表現した言葉。野を駆け抜ける風は一面の「葛」の原を揺らしながら、山を駆け上っていきます。その「葛の風」が吹き渡る場所が「月山」であるよ、というこの地名の持つイメージの何と鮮やかなことでしょう。
 作者の眼前に広がる「葛」がバーッと動き出し、その風を目で追っていくと、「月山」という美しい名をもった山がそこにある。一読、宮崎駿監督が様々な作品で描いてきた「風」を、まさに言葉で体現していることにささやかな感動を覚えた一句です。

(鑑賞:夏井いつき)
(出典:ラジオ番組『夏井いつきの一句一遊』2013年9月20日放送分)