株式会社 夏井&カンパニー

一本の百合のごとくに戦はぬ  夏井いつき

季語
百合
季節
初夏
分類
植物
鑑賞

 一本で凛と立つ百合は、白でしょう。何も言わないけれど、その高き香りで存在を辺り一帯に知らしめていることでしょう。
 気高に叫ばなくとも、あからさまな態度で人に逆らわなくても、主義主張を貫く方法は、一本の百合が教えてくれるのかもしれません。
 「戦はぬ」と強く言い切る作者の強い意志が、白百合のように眩しく美しいと感じます。
(鑑賞:富山の露玉)
(出典:句集『旗』)